30代は保湿を充分に行える基礎化粧品を選ぶことが大事

目を閉じる女性

顔が疲れて見える時は

化粧水

老化を見過ごさないで

電車の窓に映った顔がとても疲れているように見えて思わず目を背けたという経験をお持ちの30代の方もいるのではないでしょうか。一時的に疲れているだけだからと見過ごさないで、本格的なスキンケアを始めるきっかけにしましょう。早めに始めておけば老化のスピードを遅らせることも夢ではないのです。基礎化粧品を選ぶ時はエイジングケアができるものも候補に入れましょう。年齢と共に肌のコラーゲンやエラスチンは減少していき肌の乾燥は進んでいくため、20代の頃よりも特に保湿効果の高い基礎化粧品を選びたいものです。エイジングケアを始めたばかりの30代の方にちょうど良い基礎化粧品もたくさんあるのでいろいろ見比べてみましょう。

同時に生活習慣も見直して

肌が疲れて見える原因として肌のたるみやくすみが挙げられます。たるみは年齢と共に大きくなってきてほうれい線やブルドッグ顔などの原因となります。また毛穴が広がって見える原因にもなり、毛穴の作った影で顔全体が暗くくすんで見えてしまうこともあります。肌に残っている老廃物もくすみを作る元となります。30代からは基礎化粧品でエイジングケアをするだけでなく、古い角質や老廃物をきちんと取り除いたり、新陳代謝を促すために食生活や運動など生活習慣も見直すことも必要です。そういった生活習慣を30代のうちからつけておくことが40代以降も若々しい見た目を維持することに繋がるのです。見た目の変化に正面から立ち向かうことは若々しい見た目を作るために必要なことなのです。

曲がり角を感じたらすぐに

鏡を見る中年女性

肌の曲がり角は25歳です。そして20代後半から30代にかけて肌の異常を少しずつ感じ始めます。このころに肌のケアをしておかないと老化を進める要因になってしまいます。基礎化粧品で肌の水分を補いきちんと保湿することです。

もっと詳しく

年齢に合わせた美容対策

美容グッズ

30代はお肌の曲がり角と言いますが、女性ホルモンの変化や肌の老化が起きてくるのは本当のことです。このため、何らかの対策を行っていく必要があり、それには普段からできる基礎化粧品のケアが効果的です。30代に向けた基礎化粧品は美容への効果も高いので、昔から使っている基礎化粧品を見直すことが必要です。

もっと詳しく

肌が変わる時期の化粧品

美容液を持つ女性

30代は多くの女性が体質がかわり、環境の変化も肌質が変わる原因になります。肌が大きく変わる時期なので、基礎化粧品も見直す時期になっています。迷ったときは幅広い世代や肌質に使える敏感肌用のものが便利です。

もっと詳しく